酸素カプセルで身体を回復
2019年4月21日

コラーゲン不足が気になるなら酸素カプセルを使おう

もちもちとした肌は、体内に酸素が不足していると生まれにくいです。

だから、肌荒れが気になるなら酸素カプセルを利用して、体内にたくさん供給しましょう。肌に大事なコラーゲンは、体内で作ることができる成分です。真皮層で生み出されますが、このとき酸素が必要になります。真皮層に酸素を送っているのは、主に毛細血管を通る血液などです。しかし呼吸から取り込んだ酸素は、血液に乗りうまく毛細血管を通らないことがあります。

体の隅々まで血液が行き渡りにくい上に、毛細血管は運動不足や栄養不足、細胞の活動低下で退化しやすいからです。毛細血管の数が減って短くなれば、真皮層に必要な量が届きません。コラーゲンが生成されにくくなり、弾力がある肌を維持できなくなるでしょう。酸素カプセルで体内に入るのは溶解型酸素と言われるもので、血液に乗り毛細血管の中を移動しやすい性質があります。

また、細胞を活性化してくれるので、毛細血管の質が上昇し真皮層まで届きやすくなります。コラーゲンは、年齢とともに生成能力が衰えるのは仕方がないことです。酸素不足を解消すれば、過度に生成能力が衰える心配がなくなるばかりか、細胞が活性化してモチモチ肌を維持しやすくなります。

酸素カプセルは機能にもよりますが、1回45分程度入れば十分体内に供給できます。60分も入れば、美容だけでなく体の疲れを解消するサポートにもなるでしょう。入り過ぎて酸素による悪影響はありませんが、気圧の影響が心配ですし、より回復するわけでもないので過度な利用は避けましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *